2012年12月28日

茶道の礼法について

きょうのlivedoor NEWSに茶道の礼法に古い朝鮮半島の王朝の「新羅の礼法」が採り入れられていると主張する記事が韓国系メディアに掲載されているそうです。
そしてこの記事に対する茶道家の反論が見られます。


茶道・茶の湯については別の日に色々私の感じたことを述べたいと思っていますが、茶の湯については室町時代の書院のお茶から“闘茶”、さらに佐々木道譽などのいわゆる「ばさら」の遊びとなり、しだいに遊芸の一つとして興ったもののようです。


そして、将軍義政の同朋衆の一人であった能阿弥に始まる東山流茶道から書院茶ができ、さらにこれとは別の流れから村田珠光の侘び芽が出て、そこから100年経った頃、堺の町衆で利休の師匠武野紹鴎が草庵茶室の元となる茶室を造ったころから遊芸として確立されていったようです。


私は茶室の原点は八代将軍足利義政の隠居後の暮らしの拠点となった慈照寺、通称銀閣寺にある東求堂の中の義政の書斎であった同仁斎だと思う。

tougudou4.jpg
<東求堂>
いつか・住もう・京都様より写真をお借りしました。


そのころまでの茶道にあまり新羅や李朝の影響は見られないように思います。
ただ当時の上流社会の美意識に舶来品に対する強い憧れがあり、それが唐物偏重となり、さらに高麗ものなどを茶の湯の道具に使うことが一等茶人としての資格になっていたようです。


茶の湯が茶道として確立するのはやはり利休からでしょう。
その利休の考案した茶室はそれまでの武野紹鴎の四畳半茶室に見られない工夫がいたるところに見られる。
その最たるものが「躙り口」と呼ばれる高さ約66cm、幅約63cm程度の茶室の入り口ではないだろうか。


この「躙り口」などは通常の日本人の暮らしの中では発想ができないものです。
後世の人たちはこの躙り口を、何びとも茶室のなかでは平等だから入り口から頭を低くして謙譲の態度を見せるのだとか、色々後付けの理屈を言いますが、私は利休の茶室の考案には李朝時代の民家を参考にしたのではないかとあるときふと思ったことがあった。
そう思った根拠があったはずなのだが何だったか今は思い出せない。


きょうのlivedoor NEWSを読んでふと利休のお茶室を思い出しました。

2012年12月23日

まだらボケ

年賀状を書こうとして今年もらった『喪中につき年頭のご挨拶をご遠慮申し上げます』というハガキをめくっていたら従兄弟からもらっていた。


妻に『あれ?この従兄弟のところで誰が亡くなったのかな?叔父さんはまだ施設に入っているし・・・』
と、話したら妻が
『何言ってるの!叔父さんの葬式が6月にあったでしょう!』


え!そうだったかなぁ〜と日記を見たら確かに叔父さんの葬儀があった。
いよいよ僕も“まだらボケ”が始まったらしい。


そう言う妻にしたって、先日こんなボケ話があった。
私が大ファンの女子サッカーの宮間あや選手と福元美穂選手が獲得したロンドンオリンピックの銀メダルと世界大会金メダルを展示していると言うので見に行ったときのこと。


湯郷ベル 007.JPG


せっかく湯郷温泉という温泉沸いているところだから温泉に浸かりたいと言うので妻は近くの大衆浴場へ。
私はその間喫茶店でコーヒーを飲んで待ついつものパターン。


そして帰りの車の中で助手席の妻に入浴料金はいくらだったのか訊くと、一般が600円で65歳以上が500円とのこと。
妻も70歳になったので、だったら500円で入ったのかと言うと、『あ!うっかりして私は60歳と思って600円払った』と言った。
100円損したと帰りの車の中で帰宅するまでその話ばかり。


ま、風呂場の受付嬢も妻を見て65歳以上の高齢者に見てくれなかったのだから良しとしようと思うことにしたらしい。


2012年12月17日

年末に向かって

年金暮らしの私の月初めは毎月16日。
今月は16日が日曜日だったので今日年金を下ろしてきた。
この歳になれば日々の食費とガソリン代が工面できればそれ以上の費用はあまりかからない。
とは言っても毎月スレスレの低空飛行に変わりはない。


オシャレを気にすることもなく従って最近の着るもののスタイルにも関心がない。
10年以上前の上着やシャツやズボンで充分。
食事も食材をスーパーで買って自分で作れば食費も安くあがる。


問題はガソリン代。
毎月4000km前後ドライブする身には油代が一番気になる。
自分の食費は倹約できてもガソリン代を倹約すれば車は腹ペコでは走ってくれない。


ただ今月は年末からお正月があるので出費が重なる。
今月は年金だけでは乗り切れないと幾らかの赤字を今から覚悟している。

2012年12月08日

関東学院大2部降格

夕方yahooニュースを見ていたらショッキングな記事を見た。
<大学ラグビー>関東学院大、82年度以来の2部降格・・とあった。
あの全国大学選手権6度の優勝を誇る関東学院大が2部に降格が決まった。


関東大学対抗戦の常勝軍団・早稲田との熱戦を制してチャンピオンに。
早稲田ファンのぼくにはくやしい事でしたがその試合運びは早稲田に似たところがあるようで憎めないものがありました。
常勝軍団の綻びは2007年の事件から。


まさに『盛者必衰の理をあらはす』『驕れるもの久しからず』
盛者がハマる落とし穴に落ちたようなもので、そこからいまだに上がれずにもがいているようです。
勝負の世界で常勝は不可能かもわかりません。
でも常勝が途切れて落ちて落ちて、そこから這い上がるときの力はやはり伝統や歴史の中に存在する多くの先輩達の力のように思う。


かつての早稲田、明治、慶応にも長い歴史の中で落ち込んで勝てない時期が何度もあった。
そんな時に湧き出るのが伝統なのだと思う。
今の早稲田や明治もかつての先輩達から見たら歯がゆいものがあるだろう。
関東学院大も全国大学選手権6度の優勝による伝統はこれから出てきていつの日か復活すると信じたい。
それには先輩たちの熱い思いを後輩に注入することだろう。


それにしても今回の入れ替え戦で勝利した立正大の監督はかつての早稲田の名ハーフ堀越正巳選手だそうだ。
なんとなく何かを感ずるのは僕だけだろうか?
彼が熊谷工業高校で花園準優勝した時から注目していた。さらに早稲田から神戸製鋼で全国優勝に貢献した。


同じ早稲田の宿沢広朗の再来と言われたが僕には宿沢広朗の代わりはいないと思っている。
日本ラグビーには宿沢ありと将来の協会を背負うことが当然のように言われていたのに55歳で急逝したことは残念なことでした。
頑張れ関東学院大。頑張れ堀越監督。

2012年12月03日

経年劣化

otiba.jpg



中央自動車道の笹子トンネルで天井板が落下して大惨事になった。
どうも原因はコンクリートに埋め込んだアンカーボルトが経年劣化で抜けやすくなっていたようだ。


1975年に完成したということだから37年が過ぎている。
鉄筋コンクリート製なら半永久的に使えると思っていたのにわずか50年も持たないとは。


『経年劣化』はハードでもソフトでも起きる。
企業でも国の組織でも経年とともに“垢”がたまり劣化していきます。


そうならないための維持管理が必要。
そう言えば僕の身体も70年使ってきた。
当然あちこちが老化して色々な部品が傷んだり使い物にならなくなってきた。
それとともに、我ら夫婦もどことなく経年劣化がおきているようだ。


経年劣化はどこにでも、誰にでもある。
早め早めの点検が肝心だと今回の事故が教えてくれた。

2012年11月29日

『長尺パター』

putter.jpg


Yahooのニュースを見ていたら『「長尺」パターに規制 腹部に固定して打つのはNG』とありました。
パットがも少し決まればスコアがよくなるのにとか、ショットの割にパットが下手でハンディが上がらないと嘆いているゴルファーは多いと思います。


かく言う私もその口です。
1mのパーパットをよく外します。(涙)


そんなとき長尺パターでお腹に固定して振り子のようにすればよくなるような気がしていました。
でも長尺を使う気はありません。だって長尺パターはあまり格好の良いものとは思わないから。


ただし今回の話は『長尺パター』に問題があるのではなくてその使い方にあるようです。
お腹やその他身体の一部に固定して打つことがNGとなるのだそうです。


たしかに従来のようにグリップを何処にも固定せずに振るのと固定してパターの先だけを動かすのとでは同じ土俵でパットをしているとは言えないような気がします。


ゴルフという競技がパットだけの競技であればこのように2つの打ち方があるのはおかしいと早くから問題になっていたかもわかりません。


パットは道具でもないとよく周りから言われます。
それだけ私も道具に頼っていたのでしょうがもうこの歳になればシングルプレーヤーもあきらめたし淡々とプレーして楽しむことに徹することにしました。

2012年11月22日

いい夫婦の日

今日は“いい夫婦”の日だった。らしい。
我らの夫婦も特別の感慨もないまま45年目を過ごしている。
今はお互い年金暮らしで、貧しいながらも平穏な日々を送っていることが妻にしてみれば何よりのようだ。


“いい夫婦”とはどういう夫婦のことなのか?
愛し合う夫婦、ケンカしない夫婦、隠し事のない夫婦、浮気や不倫をしない夫婦、真面目な夫と家事に精出す妻・・・。
しかしこれらの条件もある時期を取り出せばだれだって“いい夫婦”の時期はあっただろう。


40年も50年も同じ状態の“いい夫婦”というのはどんなものだろう?
やはり山あり谷ありの長い付き合いのなかで二人だけの味ができるもの。
『棺を蓋(おお)いて事定まる』ということだと思う。


2012年11月20日

大相撲の珍事。

大相撲の九州場所も九日目。珍事があった。
審判は足が出ていると見て手を挙げた。そして土俵でがっぷり四つになったまま中止。
両力士とも何があったのかと言う顔。


実際には足は出ていなかったということで取直しとなった。
こんなことは僕の記憶にもない。


それよりもこの取り組みを記事にした読売新聞の写真を見ると会場のお客の入りが少ないのがよくわかる。
相撲ファンの僕としては最近の観客の少なさが気になる。
これは幕下の取り組みのころの館内と間違いそう。まさにガラガラ状態だ。


相撲と言えば僕の小学校のころだったろうか、横綱千代の山と大関大内山の対戦がまだ記憶に残っている。ともに猛ツッパリで応酬した。


さらにあの当時の力士なら今の現役の力士のしこ名よりも多くの名前が出てくる。
大関にどっしりとした三根山、突貫の松登、北葉山、横綱では東富士、太鼓腹の鏡里、不遇の吉葉山、そして栃錦、若乃花。


当時栃錦のファンだった僕は横綱になった栃錦がよく初日に負けていたのを思い出します。
あの当時は大相撲が一番手に汗握るテレビ中継でした。
懐かしい。

2012年11月13日

赤プリが消える

赤坂プリンスホテルが解体されています。
赤プリも昭和の一つの象徴でした。


芸能人の結婚式や確かドラフト会議も開催されましたね。
赤プリで食事をすることも庶民には大きなステータスでした。


昭和58年にオープンした40階建ての新館はまさに上り坂のピークを迎えた昭和の象徴でもありました。
“赤プリ”という言葉自体が昭和のセピア色に染まっていくのでしょうか。
寂しい(涙)

2012年11月12日

公園の手品師

晩秋の候
紅葉を楽しむのもわざわざ山岳地帯へ出かけなくても近所の公園で楽しめます。
さらに落ち葉がひっきりなしに舞い落ちています。
色づいた山々の遠望はまさに錦秋とも言うべき鮮やかさです。落ち葉となる直前の最後の見せ場を作っています。


この葉っぱが出来た春には目に染みるような若葉の瑞々しい美しさだった。
その葉っぱが春の美しさに引けを取らない、否それ以上にしっとりとした美しさで迫ってきます。
葉っぱの一生のまさに散り際の美しさです。


ityou.jpg


公園のイチョウの葉っぱも黄色に色付いてもうすぐ落葉になるところ。
この公園のイチョウを眺める度に思い出す歌があります。
それがフランク永井さんの“公園の手品師”(宮川哲夫 作詞・吉田 正 作曲)


<2番の歌詞>
雲が流れる 公園の
銀杏は手品師 老いたピエロ
口上は いわないけれど
馴れた手付で
ラララン ラララン ラララン
カードをまくよ
秋がゆくんだ 冬が来る
銀杏は手品師 老いたピエロ


なぜイチョウが手品師で老いたピエロなのか解らないままこの歌をよく聴いています。


私はF永井さんの歌が大好きで今でも車の中でCDかけてドライブします。
やはりF永井の歌は半世紀も前になった青春時代を鮮やかに思い起こさせてくれます。

2012年11月02日

老人力

赤瀬川原平さんの造語に“老人力”があります。
一部本人の言葉を借りると・・・


『歳をとって物忘れがだんだん増えてくるのは、自分にとっては未知の新しい領域に踏み込んでいくわけで、けっこう盛り上がるものがある。
 宇宙船で人生に突入し、幼年域・少年域・青年域、と何とか通過しながら、中年域からいよいよ老年域にさしかかる。
そうするといままでに体験されなかった“老人力”というのが身についてくるのだった。
 それがしだいにパワーアップしてくる。がんがん老人力がついてきて、目の前にどんどん「物忘れ」があらわれてくる。』


そしてこの“老人力”は誰でも簡単に手に入れることはできない力だと赤瀬川原平さんは言います。
長い長い人生を、それこそ山あり谷あり病気あり結婚あり仕事があり定年退職あり、さらに親しい友との死別ありと色々な山坂を乗り越えた末にやっと手に入れることができるのが“老人力”という複雑なエネルギーなのです。


この複雑なエネルギーがかなりのパワーを持ってくるのが70歳という年齢からだと最近つくづく感じています。物覚えはまずムリ。体力、筋力はほぼナシ。


せっかくこの歳になって手に入れた貴重な“老人力”。
すでに何人かの親しい友は“老人力”を手に入れる前に亡くなりました。
ならばこれから益々パワーアップする“老人力”をじっくり噛みしめてやろう。

2012年10月22日

高齢者用のおもちゃ

Yahooによると産経新聞の記事に『玩具、高齢者向けに活路 へび退治ゲーム機 話す人形』という記事があったそうです。
大人のおもちゃならぬ高齢者おもちゃ。
椅子に座って、穴から次々と出てくる蛇のおもちゃを足で踏み得点を競うゲーム機だそうで、足の運動を楽しく出来るように開発したそうです。


その他高齢者用のおもちゃが色々開発されてそれなりの需要があるようです。
中には、おしゃべり人形といった物で一人暮らしの高齢者の癒やしになるとの声も多いのだそうです。


私もそのうちおしゃべり人形を抱いて話しかけるようになるのかなぁ〜。

2012年10月14日

安曇野から木曽路をドライブ

11日に信州安曇野までドライブしました。
目指すは『仁科神明宮』
到着は正午ごろだったのですが誰も見当たらない静まり返った参道です。
鳥居の辺りまで歩いていたら後ろからやって来られた近所の方がありました。
挨拶を交わすとそれから神明宮の歴史や仁科氏の盛衰など大変詳しく教えてくださいました。


sinmeiguu.jpg



西行法師が伊勢神宮で詠んだ
『何事のおわしますをば知らねども辱(かたじけな)さに涙こぼるる』
を実感できる清浄な空気がながれています。


参拝が終わって少し木曽路を南下。
道の駅でキップを買う。
なんと道の駅のキップが160円だったものが180円に値上がりしていました。


kippu5.jpg


kippu6.jpg




アルプスの山々や木曽路が少しは紅葉が始まっているのかと期待していたのですがまだその兆候もありません。

2012年10月10日

東京オリンピック

昭和39年の今日は東京五輪の開会式だった。
敗戦から19年。もはや戦後ではないということをこの日に実感したように思う。


東京〜大阪間の夢の超特急が直前に完成し、東京の街中を高速道路の高架が走ってその風景は当時の憧れの都市であったニューヨークのようだと思ったものです。
そして日本は益々大量生産、大量消費の時代へ、まさに高度経済成長を加速させるそのスタートが東京オリンピックだった。


東京五輪の懐かしい選手たちの顔が浮かびます。
日本選手ではマラソンの円谷幸吉、君原健二。体操で遠藤幸雄、小野喬。それに何と言っても東洋の魔女たちと監督の大松博文。オーバーアクションをしない鬼の大松の目にも涙が見えました。


新入社員だった僕は当時大阪の本社の休憩室で社長公認で対ソ連戦を観戦しました。
あの興奮から48年が過ぎた今、高度成長の坂道を上りつめ今は踊り場なのか下り坂なのか?

2012年10月09日

人間万事塞翁が馬

今年のノーベル医学生理学賞は京都大教授の山中伸弥氏に決まった。
日本人として実に嬉しいニュースだ。
Yahooの毎日新聞の記事によると山中教授は『人間万事塞翁が馬』という言葉を心の支えにして研究に没頭されたそうだ。


ノーベル賞をもらうほどの業績を上げるには並大抵の研究や努力では到底不可能だ。
挫折を感じた時に『人間万事塞翁が馬』何が幸いするか分からないと自分に言い聞かせることでまた頑張ることができるのだと思う。


『人間万事塞翁が馬』で思い出す映画がある。
中国映画『活きる』
これは中国を代表する映画監督の張 芸謀(チャン・イーモウ)1994年の作品。
清朝末期から国共内戦、文化大革命と時代の波に翻弄されながらも必死に生きる中国の一人の男性の生きざまを綴ったもの。


まさにこの中国映画『活きる』はサブタイトルを『人間万事塞翁が馬』と付けてもよいくらい時代の波の渦の中で大きな人生の振幅を繰り返しながら生きて行く。
この映画で僕は一つの生き方を学んだ気がした。


2012年10月06日

幽霊を見た!

きょうは久しぶりに散髪屋さんに行った。(約2か月ぶり)
サンパツ代を倹約しようと最近は2か月伸ばすことにしている。
いわば無精ひげならぬ無精髪。


床屋さんの椅子に座ってぱっと前の鏡を見て驚いた。
ギョッ!幽霊!?
と、思ったら自分の顔。
天然パーマの髪の毛は多いほうだからそれがばっ〜と広がって、しかもほほがげっそり落ち込んでかつての美男子は影も形も残っていない。


外部の人との接触が全くない現在、オシャレをする気もない。
妻に逢えばいつも、も少しオシャレをしなさいと小言を言われる。


まあ70歳と言えば政治家でも企業の経営者でもかくしゃくとして顔もツヤツヤ、テカテカに輝いている。
そんな同年輩を見ても特別どうしようとも思えない。


どうしよう・・?


2012年10月05日

笹本恒子さん

先日NHKテレビで97歳の現役フォトジャーナリスト・笹本恒子さんを知った。
恥ずかしながら私は笹本さんを知らなかった。


生きる目的がなかったらあの体形、姿勢、食欲、若さは出ない。
僕のように消化日数を数えるだけの日々にはとてもあの若さも体形もムリ。
ちなみに笹本恒子さんの人生哲学は『何歳からでもやり直せる』というものだそうです。


70歳からやり直す・・か?



2012年10月01日

雑草魂



zassou.jpg


君のようにどこでも生きていけるたくましさがあったら
    今のような侘びしい暮らしにはなっていなかっただろう・・




2012年09月04日

ジョン・コーフィ役のマイケル・クラーク・ダンカンさん

きょうYahooのニュース画面を観ていたら映画「グリーン・マイル」で死刑囚役を演じてアカデミー賞助演男優賞にノミネートされた米俳優マイケル・クラーク・ダンカンさんが死去したと報じていた。54歳だったそうです。


2000年に日本でも公開された映画『グリーン・マイル』は私も好きなトム・ハンクスの主演なのですが本当の主役は大男のマイケル・クラーク・ダンカンだったように思う。

マイケル・クラーク・ダンカン

N0045676.jpg
<シネマトゥデイより>




舞台は1930年代のアメリカ南部の刑務所。
その刑務所に少女殺人の死刑囚として入ってきたのが黒人の大男マイケル・クラーク・ダンカン演ずるジョン・コーフィだった。


無実の罪を着せられて死刑が確定しているコーフィは純真無垢な男で、不思議が力を持っていた。
その力で看守を勤めるトム・ハンクスの病を治す。さらにその不思議な力で刑務所長の奥さんの病も治す。


そしてあるときジョン・コーフィはトム・ハンクス演ずる看守に不思議な力の一部を植え付けた。
その力は長寿の力で100歳を越したトム・ハンクスがジョン・コーフィを回想する形で物語が展開します。
同じ死刑囚が可愛がっていたミスター・ジングルズという名前のネズミにも長生きの力を受け継いで同じくトム・ハンクスと老後を過ごしていきます。


トム・ハンクスをはじめとする看守たちは天使のようなジョン・コーフィに脱獄をするように説得しますがジョン・コーフィはもうこの世の中に生きて行くことを拒否します。
その時のジョン・コーフィの言葉が胸を打ちます。
いずれにしても圧倒的な存在感を示したマイケル・クラーク・ダンカンさんの死亡記事はあの映画を再度思い浮かべます。







2012年08月29日

買い物難民

高度に発達した先進国の日本に難民が存在する。
その名も“買い物難民”。
高齢者になると買い物に行くのが困難になります。


自家用車も乗れない、自転車も乗れなくなったら歩いて買い物に行くのも500m以上歩くことはむつかしい。
さらに買った物を手に持って歩くことは不可能になってきます。
そして買い物に出られない難民となるようです。


他人事ではありません。何年後かの我が身かも・・
解決法の一つがインターネットでの日用品や食料品の購入だそうです。
なんにもできなくなってもネットができれば買い物難民にはならなくてすみそうです。