2013年03月31日

サンクコスト

サンクコストという言葉が経済用語にあるらしい。
サンクとは埋没というのだそうで、いままでに払ってしまって今後回収できない費用を指す言葉だそうだ。


今までに払った金額が大きいほど、それを惜しむあまりその呪縛から抜けられない。
それは金銭ばかりでなく時間や日数、年月も含まれる。


例えば、高額の入会金を払って何かの会へ入会して、さらに年会費も払っていてもいつまで経ってもモノにならない。
本当はそこに至るまでに自分で見切る必要があるのだけれど、払った費用が高額なためズルズルと年会費を払い続ける。
そしてムダな出費がさらにかさむことになる。
現在、日本の家電業界がかつての巨額投資のサンクコストの呪縛から脱出できずに赤字が増えた。


これは自分の反省としてもピッタリ当てはまる。
考えてみれば、なんとサンクコストの多かった人生なのだろうかと幾分自虐的になる。
人生でもサンクコストがあるし、我が家のなかにも増えすぎた家財道具にもある。


これは高かったのだからと、使いもしないでタンスの肥やしになっている物がいっぱいある。
まさに始末に困っている。
断捨離とは、まずサンクコストの呪縛から抜け出すところから始めなければいけない。

2013年03月28日

ジャンボ宝くじ

2月の末に振り込みが何件かあったのでみずほ銀行に行った。入口の隣に宝くじ売り場があった。
何となく誘われるように、めったに買わないジャンボ宝くじを10枚買ってみた。
RIMG00071.jpg



宝くじは年に1回買うかどうかのペース。
そして買うときはバラで買うことにしている。連番で買うと組番号が一つなので当たりくじの組番号が違っていたら1枚見たらもうそれ以降の楽しみが半減する気がする。


買ったままで当たりくじを調べるのを忘れていた。
今日、グリーンジャンボの番号をネットで調べていたら6等の下2ケタ19番が1枚当たっていた!
それと7等の1番が1枚。


過去に何度もジャンボくじを買っても7等300円以外当たったことがなかった。
今日さっそく月末の振込に合わせて宝くじの窓口で2枚3300円を換金した。
元本3000円で1割の高配当。と言ったってわずか300円のプラス。
それでも今年は春から縁起がいいぞ!

2013年02月19日

アベノミクス効果

安倍首相のデフレ克服対策がジワリと出てきた。
デフレ克服とは逆に言うとインフレにすると言うこと。


多くの日本人の日々の暮らしが給料で成り立っている以上、もらう給料は毎年上がってくれないと成長する子供の教育費もねん出できない。
物価が上がって給料も上がるなら現在のデフレの中で萎縮しているよりありがたい。


理屈ではよく分かっているのだが現実に物価が上がってくると年金暮らしの者にはきつくなる。
早速その効果が出てきている。
それがガソリンや灯油の値上がり。
円安効果とかで輸入価格が上昇しているらしい。


1年前に130円で入れていたガソリンが昨日入れたら147円。
1リットルで17円も上がったら100リットルで1700円も出費増。
ドライブが唯一の愉しみの者には厳しい現実。

2012年12月17日

年末に向かって

年金暮らしの私の月初めは毎月16日。
今月は16日が日曜日だったので今日年金を下ろしてきた。
この歳になれば日々の食費とガソリン代が工面できればそれ以上の費用はあまりかからない。
とは言っても毎月スレスレの低空飛行に変わりはない。


オシャレを気にすることもなく従って最近の着るもののスタイルにも関心がない。
10年以上前の上着やシャツやズボンで充分。
食事も食材をスーパーで買って自分で作れば食費も安くあがる。


問題はガソリン代。
毎月4000km前後ドライブする身には油代が一番気になる。
自分の食費は倹約できてもガソリン代を倹約すれば車は腹ペコでは走ってくれない。


ただ今月は年末からお正月があるので出費が重なる。
今月は年金だけでは乗り切れないと幾らかの赤字を今から覚悟している。

2012年10月06日

幽霊を見た!

きょうは久しぶりに散髪屋さんに行った。(約2か月ぶり)
サンパツ代を倹約しようと最近は2か月伸ばすことにしている。
いわば無精ひげならぬ無精髪。


床屋さんの椅子に座ってぱっと前の鏡を見て驚いた。
ギョッ!幽霊!?
と、思ったら自分の顔。
天然パーマの髪の毛は多いほうだからそれがばっ〜と広がって、しかもほほがげっそり落ち込んでかつての美男子は影も形も残っていない。


外部の人との接触が全くない現在、オシャレをする気もない。
妻に逢えばいつも、も少しオシャレをしなさいと小言を言われる。


まあ70歳と言えば政治家でも企業の経営者でもかくしゃくとして顔もツヤツヤ、テカテカに輝いている。
そんな同年輩を見ても特別どうしようとも思えない。


どうしよう・・?


2012年04月25日

なごり桜

桜のシーズンも終わりそうです。
それでも“なごり雪”ならぬ“なごり桜”がぽつぽつと山の中腹に見られます。


その山々も桜の終わるのを待ちかねたように若葉の緑に染まりはじめました。
さらに花は桜からバトンタッチされた“つつじ”や“ハナミズキ”やがピンクや白色で競っています。


そういえば今日のドライブで海棠の花も満開になってこれは賑やかなピンク色になって枝から
こぼれそうに鈴なりに咲いていました。
さらに桃や梨にも花が咲いています。
しばらくはドライブの道筋で木に咲く花を楽しめます。


温かいと言うより暑いという気温で今日我が家の今の電気こたつも片付けました。
一気に冬の暮らしから夏へのスタイルに転換中です。