2013年04月10日

コピ・ルアック

去年までよく通った喫茶店。久しぶりに立ち寄るとマスターがインドネシアへ行ってきたそうで、そこで有名なコーヒー豆の“コピ・ルアック”を持ち帰っていた。
私も話は聞いていたけど実物を見るのは初めて。


kopi.jpg



これは野生のマレージャコウネコが食料としてコーヒーの実を食べて、種子にあたるコーヒー豆は消化されずにそのまま排泄されるので、それを焙煎して飲む。
僕が見せてもらった“コピ・ルアック”はジャコウネコが排泄したまんまの、糞が付いたもの。
そしてこの“コピ・ルアック”を飲ませてもらった。


50年コーヒーを毎日飲んでいるのに“コピ・ルアック”の良さがわかりません。
妻はまんまの生豆を見た後だったので出されたコーヒーに尻込みしました。

2013年04月05日

ボケの兆候?

ボケと物忘れの違いでよく言われるのが、夕食に何を食べたか思い出せないのが物忘れで、食べたかどうか分からないのがボケだとか。


私もそんなボケの兆しなのか、隔日に入る風呂で、昨日風呂に入ったかどうか思い出せない。
入ったようでもあるし、入ってないようでもある。


ここ数年排尿の調子がよくないので泌尿器科でユリーフ錠4mgという錠剤をもらって飲んでいる。
RIMG00061.jpg


これで排尿の具合はかなり良くなってきた。
これは朝夕の食後に服用するものだがよく飲み忘れる。
しばらくしてあれ?クスリ飲んだっけ?


飲んだようでもあるし飲んでないようでもある。
これもやはりボケの兆候なのだろうか?

2013年03月10日

春が来た!

春が来た。春が来た。花粉も来た。黄砂も来た。PM2.5も来た!
遠くの山々ではなく近くの建物もおぼろに見える。
お蔭で目は痒いしクシャミは出るし(涙)


春霞と聞けば、遠く平安の昔より和歌にも歌われ春のおぼろとして眠くなるほどのどかでゆったりした気分にしてくれる言葉だったはず
ところが現在の春霞の正体は大量の砂埃と聞けば、とてもその空の下でのんびりとしてはいられない。


それでもかつては黄砂が遥かゴビやタクラマカンの砂漠やシルクロードの地から来ているというロマン?が我が心にはあった。許せると思っていた。


ところが今では、車のフロントガラスは汚れるし、洗濯物も外には干せない。
おまけに今年はPM2.5なる汚染物質も黄砂とともにやってくるとなると日本の地理的環境が恨めしくなる。

2013年01月27日

加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)

昨日我が家で本棚を整理していたら引出の隅から古い名簿が出てきた。
むかし加入していた奉仕団体の会員名簿。


パラパラめくると若かりし頃の我が顔。『う〜む』
そして懐かしき友人や先輩たち。
よし!久しぶりにその中の一人に逢いに行こう。


道を思い出しながら彼の家に着き玄関に出てきた夫人に『久しぶり!』と言っても
『誰?誰?』としばらく誰だかわからない様子。
黙っていたらそれでも思い出してくれて応接間でお互いの夫婦と約10年ぶりの面談。


彼の近況を聴くと4年ほど前から加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)という難病に罹り治療中とのこと。
その病気は見るものがゆがんで見える病気らしく車の運転も今では控えているらしい。
詳しくは『日本眼科学会』のページより加齢黄斑変性についてを見ていただきたいのですが、本人曰く、不治の病らしく今も何週間に一度病院で保険の効かない治療をしているがそれも進行を遅らせるだけの治療だとか。
ほっておくと失明すると言っていた。


それでも懐かしがって話が弾み2時間も長居をして再度の訪問を約して友人宅を辞した。
名前すら知らなかったのですが、『加齢黄斑変性』という病気は最近多いのだそうです。
用心しよう・・・。

2012年12月23日

まだらボケ

年賀状を書こうとして今年もらった『喪中につき年頭のご挨拶をご遠慮申し上げます』というハガキをめくっていたら従兄弟からもらっていた。


妻に『あれ?この従兄弟のところで誰が亡くなったのかな?叔父さんはまだ施設に入っているし・・・』
と、話したら妻が
『何言ってるの!叔父さんの葬式が6月にあったでしょう!』


え!そうだったかなぁ〜と日記を見たら確かに叔父さんの葬儀があった。
いよいよ僕も“まだらボケ”が始まったらしい。


そう言う妻にしたって、先日こんなボケ話があった。
私が大ファンの女子サッカーの宮間あや選手と福元美穂選手が獲得したロンドンオリンピックの銀メダルと世界大会金メダルを展示していると言うので見に行ったときのこと。


湯郷ベル 007.JPG


せっかく湯郷温泉という温泉沸いているところだから温泉に浸かりたいと言うので妻は近くの大衆浴場へ。
私はその間喫茶店でコーヒーを飲んで待ついつものパターン。


そして帰りの車の中で助手席の妻に入浴料金はいくらだったのか訊くと、一般が600円で65歳以上が500円とのこと。
妻も70歳になったので、だったら500円で入ったのかと言うと、『あ!うっかりして私は60歳と思って600円払った』と言った。
100円損したと帰りの車の中で帰宅するまでその話ばかり。


ま、風呂場の受付嬢も妻を見て65歳以上の高齢者に見てくれなかったのだから良しとしようと思うことにしたらしい。


2012年08月29日

買い物難民

高度に発達した先進国の日本に難民が存在する。
その名も“買い物難民”。
高齢者になると買い物に行くのが困難になります。


自家用車も乗れない、自転車も乗れなくなったら歩いて買い物に行くのも500m以上歩くことはむつかしい。
さらに買った物を手に持って歩くことは不可能になってきます。
そして買い物に出られない難民となるようです。


他人事ではありません。何年後かの我が身かも・・
解決法の一つがインターネットでの日用品や食料品の購入だそうです。
なんにもできなくなってもネットができれば買い物難民にはならなくてすみそうです。


2012年08月24日

ボケの兆候?

A4サイズの茶封筒を買いに100円ショップに行った。
店内を見ていたら温度計が売られていたので我が部屋の温度を知りたくて買って帰る。


さてどこに下げようかと室内をキョロキョロ。
ん?・・・
あるではないか!それも部屋に入っていつも点けるスイッチの隣に。
自分で取り付けておきながら全く覚えていない。


105円の出費が痛いのか、このボケ具合が痛いのか?
左がずっと掛っている温度計。右が100円ショップで買ってきた温度計。



ondokei.JPG




2012年03月14日

いきいき健康で暮らしたい。

歳を重ねるごとに健康への不安も大きくなってきます。
人間の身体も機械です。
機械は長い間使用していると部品も劣化してきます。
部品の交換ができれば良いのですが人間の身体は交換ができません。
油を注さねばいけない箇所も増えてきます。


身体のケアは慎重にかつ十分にする必要があります。
身体から発せられる色々な信号を早めにキャッチして予防なり治療をしていかなくてはいけません。
PHPから発行された『いきいき健康ハンドブック』を参考にしながら書いていこうと思います。


最近私は食べ物を飲み込むときに気管の方へ入りそうになってむせることが良くあります。
嚥下障害かな?と思うのですがそこまでの状態ではないのでしばらく様子を見ようと思います。
ところで“食べ物がのどにつかえる”という症状には以下のことが考えられるそうです。


食べ物のつかえは主として食道の病気が考えられますが、食堂の近くにある甲状腺や肺などの病気による圧迫が原因となっていることもあります。喉頭異物感といって神経質な人に起きる症状もあります。


注意すべきは、のどから胃にかけて違和感を生じたり食べ物を飲み込むときに実際につかえる。
特に固形物がひっかかる感じがあるときには、食道ガンの可能性もあります。


食道ガンを自分で見つける方法としては直径1.5センチくらいの白玉団子を丸飲みしてみてつかえる感じや異物感があれば医師に相談することが大切です。