多感な年ごろ70+α歳

2018年08月19日

スーパーボランティア 尾畠春夫さん


山口県の周防大島で行方が分からなくなった2歳の男の子を68時間経って見つかったニュース。
私は思はず涙が出ました。
しかも見つけた人が大分県からボランティアで駆けつけた78歳の尾畠春夫さん。
尾畠春夫さんのボランティア精神がすばらしい。

理稀ちゃんのおじいさんが、お世話になって汗だくだからとお風呂を使うように言っても断るし、お茶の一杯もボランティア先では貰わないと言うことで自分の車で寝起きして簡単な自炊の食事を『うまい』と言いながら食べる。
東日本大震災では500日もそんな生活で活動を続けたそうです。

そんな尾畠さんが言います。
『まだ78歳』と。『もう』ではなくて『まだ』なのだ。
これはまさしく「一升瓶の五合」という話だと思った。
一升瓶の中にはいっている五合のお酒が、「もう五合しかない」と思うか、「まだ五合ある」と思うか。
『もう』は浪費に近い五合を悔やむ。『まだ』はまだまだ楽しめると思う。

78歳になっても『まだ』と思う尾畠さんをすごい人だと思う。
金銭欲も物欲もない、只々世のため人のために活動する尾畠さんの姿に現代の『菩薩』を見た。

一方助けられた2歳の理稀ちゃん。
彼もすごいと思ったのはゴロゴロした石ころの道を登って自分の行くところが分からなくなっても慌てず冷静に比較的安全な場所でじっとしていた。
とても2歳になったばかりの子供の取る行動とは思えない。
この冷静沈着があったから助かったのだと思ったら理稀ちゃんもスーパーマン。

あの山奥で二人のスーパーマンが出会ったのも必然だったのかもしれない。

余談だが周防大島は昭和の大作詞家星野哲郎さんの生まれ故郷。
星野哲郎記念館には3度行った。この島からハワイへ移住する人が多かった。魚も美味いし今年も行ってみたいと思っている。

我が家の百日紅の花。満開か?

131b.jpg