多感な年ごろ70+α歳

2018年04月24日

古本”茶会と点前”


1週間前、昔の本で読みたいものがあったので岡山市内の古書店へ行った。
色々さがしても欲しい本が見つからない。
そんな時ふと目に留まった本があった。
それが『茶会と点前』という古書。
昭和39年発行の『図説茶道大系3』というA4サイズの271ページの本。
パラパラとめくってみると、茶事の種類とその解説。各流派の解説や流派ごとの点前の写真解説。
読んでみたくて買った。


tyakaib.jpg

tyakai2b.jpg



この中に当時の藪内の猗々斎家元が伏見稲荷で献茶をされている写真があった。懐かしい。
僕は昭和35年か6年に後楽園の栄西茶会で猗々斎家元とまだ若かった青々斎家元にお目にかかった。


iemoto3.jpg

青々斎家元がまだ若宗匠だったころのお点前。やはり姿勢の隅々に若々しさが滲み出ている。
tyakai5b.jpg

先代家元と青々斎家元 昭和47年発行の「藪内家茶道入門」より
iemoto1b.jpg

青々斎家元 昭和63年発行の「籔内家の茶」より
iemoto2b.jpg



それにしてもズシリと重いこの本、昭和39年当時一体何円で発売されていたのか?
気になって最後のページを見るとなんと2800円とある。
昭和39年の2800円は現在の価値にするといくらになるのだろう?
たしか当時の大卒の初任給は2万円台。
と言うことは約10倍。
それならこの本、今なら定価28,000円。それを古書店で1000円で買った。

<追記>
薮内流青々斎家元は今年の3月にお亡くなりになられていました。
最近茶道と離れて流派の出来事に疎くなっていて今まで知らなかった。
青々斎家元とは、京都の家元の茶会や岡山での茶会などでお目にかかり、親しくお話もさせていただきました。
燕庵で濃茶をいただいたことや、大徳寺三玄院でのお点前を思い出します。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。