多感な年ごろ70+α歳

2018年01月22日

友情

 
以前にも書いたと思うけど早稲田の宿沢が亡くなり、同志社の平尾が亡くなって今後の日本ラグビーはどうなるのだろうと思う。

その故平尾誠二とips細胞のノーベル賞学者山中伸弥教授が熱い熱い友情で結ばれていたことを山中教授と平尾さんの奥さんの共著

『友情』で知った。

知り合ったのは2008年だったのにそれからの二人の交際は素晴らしい。

お互いが相手を尊敬し、信頼している様子が痛いほど。

そして平尾さんが癌に侵されて余命もわずかだと知らされた時、教授は我が家のバスルームでシャワーを出しっぱなしにして声を出して哭いた。

そこから教授は可能な限りの治療を平尾さんにする。

平尾の高校時代からのファンには涙なしには読めないところもある。


この『友情』、先日の日曜日珍しく3姉妹とそのムコがGHにそろった時、GHのオーナーにその話をしたら本のことを知っていて読みたそうにしていたので差し上げた。

実はこの本、別の友人に貸す約束をしていた。どうしよう(涙)