多感な年ごろ70+α歳

2017年09月15日

「村上朝日堂」

 我が家の文庫本の本棚は1段の中に奥と手前の2列にしまってある。
従って当然手前の文庫本はいつも目に留まっているが、奥側の文庫本は何があるのか忘れている。
それで思いついたように手前の本をまとめて出して、奥側の本を覗くことになる。

今日ふと上から2段目の奥側の本を覗いたら村上春樹の文庫本が並んでいた。(春樹さん、奥にしまい込んでごめんなさい)
並んでいたと言っても何十冊もあるわけではない。
「海辺のカフカ」「ノルウェイの森」「アフターダーク」「ダンス・ダンス・ダンス」「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」「1973年のピンボール」程度。
book_0001b.jpg book_0002b.jpg



最初「海辺のカフカ」から入ったのだけれど、読むのに時々疲れた。
それぐらい僕には村上ワールドは何かちんぷんかんぷんなところがあった。
それでもむつかしいままに「ノルウェイの森」や「ダンス・ダンス・ダンス」を読んでいた。

ある時、ドライブで峰山高原ホテルリラクシアに行ったとき、『これは直子の療養所だ!』と何の予備知識もないままとっさにそのことが頭に浮かんだ。

村上春樹の作品は僕には昭和を連想させるものがある。
僕の学生時代や青春時代を思い起こさせる。その懐かしさを感じたくて村上作品を読んでいる。

「村上朝日堂」という「日刊アルバイトニュース」に連載されたコラムを集めた文庫本がある。
ここ2・3日これをポケットに入れて時間つぶしに読んでいる。
このコラムの出だしの記事がアルバイトという題の話で、村上さんが昭和45年頃にアルバイトをしていた話。
当時の平均的なアルバイトの時給は大体平均的な喫茶店のコーヒー代と同じで150円くらいだったそうだ。さらにタバコのハイライトが80円の時代だったらしい。
book_0003b.jpg

こんな話を読むとやはり我が学生の頃を思い出す。彼女とのデートに使ったカトレヤと言う喫茶店のコーヒー代は一人が70円。
出たばかりのハイライトが70円の時代だった。
ヘビースモーカーだった僕には70円のハイライトに手が出なくって、40円のシンセイばかり吸っていた。
懐かしい昭和の話はまた・・・