多感な年ごろ70+α歳

2012年12月03日

経年劣化

otiba.jpg



中央自動車道の笹子トンネルで天井板が落下して大惨事になった。
どうも原因はコンクリートに埋め込んだアンカーボルトが経年劣化で抜けやすくなっていたようだ。


1975年に完成したということだから37年が過ぎている。
鉄筋コンクリート製なら半永久的に使えると思っていたのにわずか50年も持たないとは。


『経年劣化』はハードでもソフトでも起きる。
企業でも国の組織でも経年とともに“垢”がたまり劣化していきます。


そうならないための維持管理が必要。
そう言えば僕の身体も70年使ってきた。
当然あちこちが老化して色々な部品が傷んだり使い物にならなくなってきた。
それとともに、我ら夫婦もどことなく経年劣化がおきているようだ。


経年劣化はどこにでも、誰にでもある。
早め早めの点検が肝心だと今回の事故が教えてくれた。