多感な年ごろ70+α歳

2012年11月29日

『長尺パター』

putter.jpg


Yahooのニュースを見ていたら『「長尺」パターに規制 腹部に固定して打つのはNG』とありました。
パットがも少し決まればスコアがよくなるのにとか、ショットの割にパットが下手でハンディが上がらないと嘆いているゴルファーは多いと思います。


かく言う私もその口です。
1mのパーパットをよく外します。(涙)


そんなとき長尺パターでお腹に固定して振り子のようにすればよくなるような気がしていました。
でも長尺を使う気はありません。だって長尺パターはあまり格好の良いものとは思わないから。


ただし今回の話は『長尺パター』に問題があるのではなくてその使い方にあるようです。
お腹やその他身体の一部に固定して打つことがNGとなるのだそうです。


たしかに従来のようにグリップを何処にも固定せずに振るのと固定してパターの先だけを動かすのとでは同じ土俵でパットをしているとは言えないような気がします。


ゴルフという競技がパットだけの競技であればこのように2つの打ち方があるのはおかしいと早くから問題になっていたかもわかりません。


パットは道具でもないとよく周りから言われます。
それだけ私も道具に頼っていたのでしょうがもうこの歳になればシングルプレーヤーもあきらめたし淡々とプレーして楽しむことに徹することにしました。