2018年04月24日

古本”茶会と点前”


1週間前、昔の本で読みたいものがあったので岡山市内の古書店へ行った。
色々さがしても欲しい本が見つからない。
そんな時ふと目に留まった本があった。
それが『茶会と点前』という古書。
昭和39年発行の『図説茶道大系3』というA4サイズの271ページの本。
パラパラとめくってみると、茶事の種類とその解説。各流派の解説や流派ごとの点前の写真解説。
読んでみたくて買った。


tyakaib.jpg

tyakai2b.jpg



この中に当時の藪内の猗々斎家元が伏見稲荷で献茶をされている写真があった。懐かしい。
僕は昭和35年か6年に後楽園の栄西茶会で猗々斎家元とまだ若かった青々斎家元にお目にかかった。


iemoto3.jpg

青々斎家元がまだ若宗匠だったころのお点前。やはり姿勢の隅々に若々しさが滲み出ている。
tyakai5b.jpg

先代家元と青々斎家元 昭和47年発行の「藪内家茶道入門」より
iemoto1b.jpg

青々斎家元 昭和63年発行の「籔内家の茶」より
iemoto2b.jpg



それにしてもズシリと重いこの本、昭和39年当時一体何円で発売されていたのか?
気になって最後のページを見るとなんと2800円とある。
昭和39年の2800円は現在の価値にするといくらになるのだろう?
たしか当時の大卒の初任給は2万円台。
と言うことは約10倍。
それならこの本、今なら定価28,000円。それを古書店で1000円で買った。

<追記>
薮内流青々斎家元は今年の3月にお亡くなりになられていました。
最近茶道と離れて流派の出来事に疎くなっていて今まで知らなかった。
青々斎家元とは、京都の家元の茶会や岡山での茶会などでお目にかかり、親しくお話もさせていただきました。
燕庵で濃茶をいただいたことや、大徳寺三玄院でのお点前を思い出します。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。


2018年04月21日

因幡晃コンサート


最近よく聞いている歌手と言えば因幡晃・すぎもとまさと・ガロ・南こうせつ等。
特に因幡晃の歌はよく聞いている。
そしてコンサートが神戸や広島くらいであれば行きたいと思っていた。

きのう、時々検索する因幡晃のコンサート予定をWEBで検索した。
するとなんとなんと矢掛町で6月に“ブラザーズ5 アコースティックライブ”として、杉田二郎・堀内孝雄・ばんばひろふみ・高山厳・因幡晃がやって来るではないか。

しかも入場券の発売日が今日21日から。
こんなにタイミングよく見つけられたことがラッキー!

さっそく今日3時過ぎに表町のぎんざやに行った。
2枚注文すると『お客さんもう完売しました』との返事。
大量に爆買いした客がいたらしい。ファンクラブのような団体だろうか?
それにしても困ったな。
他の売り場も売り切れだろうか?だってまだ発売初日なのに。

そこで急遽思いついて、倉敷天満屋近くに住んでいる娘に連絡して、天満屋の4階のインディスクに行ってもらった。
早速買いに行ってくれて『買ったよ』とメールが入った。
やれやれこれでコンサートに行かれる。

チケットの写真を貼りたいけど、まだ娘からもらってないのでいずれまた・・・


| 日記

2018年04月18日

下石井公園のはなみづき


今は“はなみづき”が見ごろになって色んなところで咲いている。
またぶらぶらと下石井公園まで行ってみた。

イオンモール近くの岡山地方合同庁舎の駐車場に白いはなみづきが満開。
ビルの白い壁で花が映えない。

IMG_5902b.jpg


下石井公園にもあちこちに咲いていた。

IMG_5906b.jpg

幸町図書館前 ↓
IMG_5909b.jpg
IMG_5907b.jpg

公園前の西川の紅のはなみづき ↓
IMG_5905b.jpg


図書館で新聞と週刊誌を読んで帰る。



2018年04月17日

昭和の歌謡曲


さっきNHKの総合テレビで昭和の歌謡曲を放映していた。
BSテレビでは毎晩のように懐メロを放映していて、ついつい観て聴いている。
一昨日はザ・ピーナツを観た。

双子の彼女たちが活躍したのは1959年から1975年。
イヤイヤ昭和は元号で思い出す方が早い。
と言うことは昭和34年から昭和50年。

一番昭和が濃いかった時代。昭和が昭和であった時代。
“情熱の花”“ふりむかないで”“ウナ・セラ・ディ東京”。
どれも歌詞は覚えていなくても、曲が流れたら画面の下に出る歌詞を見ながら歌える。
あの当時の歌は歌詞があれば大抵歌える。

それにしてもいつから『歌謡曲』が『演歌』になったのだろう。


an01b.bmp




2018年02月28日

カーリング娘の故郷


オリンピックで女子のカーリングが銅メダルを獲得した。
そして昨日夜ふるさとの常呂町に凱旋した。
夜遅いのに大勢の人が出迎えて拍手と花束を贈っていた。
常呂町は懐かしい場所。
3度オホーツクの海岸沿いにドライブしたけど最後に行ったのが2015年7月2日。
道の駅の切符を蒐集しながらサロマ湖の周りや女満別を走った。

IMG_0001c.jpg 


道の駅メルヘンの丘めまんべつ

RIMG0037b.jpg



何度でも行きたくなるのがサロマ湖や網走、知床方面。
こうしていても行きたくてうずうずする。
今年はなんとか行きたいと思っている。






2018年02月11日

建国記念日

 
 今日は建国記念日。昔は紀元節と呼ばれていた。
子供のころあまり歌がなかったのだろうか“紀元節”の歌がひとりでに口をついて出ていた。
小学校に入る前、近所の同い年の子供たちと遊んでいるときでも、 つい口をついて出てきた。
昭和24・5年ごろのこと。

ひょっとしたらその頃は、この歌は進駐軍から止められていたのかも知れない。

でもそんなことは知らないからよく歌っていた。
今でも歌詞を思い出す部分がある。

「きんしかがやくにっぽんの・・・・みにうけて・・・きげんはにせんろっぴゃくねん ああいちおくのむねはなる」

 ・・・の部分は忘れた。


2018年02月06日

バレンタインデー


14日はバレンタインデー。

岡山イオンの1階のMirai Squareの広場にチョコレートの売り場が並んでいる。


IMG_5265b.jpg

IMG_5268b.jpg


妻からもらったのはもう1ヶ月も前。
スーパーで買い物した時、板チョコが野菜などの買い物袋に一緒に入っていた。そのまま今も冷蔵庫に入っている。
これ義理チョコ?イヤイヤチョコ?

来月14日はホワイトデー。義理で、イヤイヤで何贈ろう。



2018年01月26日

寒梅忌


今日は寒梅忌。平成9年の今日作家の藤沢周平さんが亡くなった。
去年の寒梅忌のことをこちらに書いていた。
       ⇒⇒  寒梅忌

1月23日の記事
       ⇒⇒  藤沢周平

周平さんの故郷にある周平記念館では何かイベントがあったのかな。

この藤沢周平記念館に1度行ったけど大急ぎだったので、今度寒梅忌の時行きたいと思っている。
でもこのシーズンの鶴岡は雪国なので、雪道のドライブは素人の者には無理かな。


2018年01月24日

昔の喫茶店のこと


前回の記事をアップした後、村上春樹さんの記事のところで書いていた昔の喫茶店のカトレアの話をどこかのブログで書いていたように思って昔のほったらかしのサイトを探してみた。
あった、それがこれ⇒ 懐かしいあの頃のこと

2018年01月22日

友情

 
以前にも書いたと思うけど早稲田の宿沢が亡くなり、同志社の平尾が亡くなって今後の日本ラグビーはどうなるのだろうと思う。

その故平尾誠二とips細胞のノーベル賞学者山中伸弥教授が熱い熱い友情で結ばれていたことを山中教授と平尾さんの奥さんの共著

『友情』で知った。

知り合ったのは2008年だったのにそれからの二人の交際は素晴らしい。

お互いが相手を尊敬し、信頼している様子が痛いほど。

そして平尾さんが癌に侵されて余命もわずかだと知らされた時、教授は我が家のバスルームでシャワーを出しっぱなしにして声を出して哭いた。

そこから教授は可能な限りの治療を平尾さんにする。

平尾の高校時代からのファンには涙なしには読めないところもある。


この『友情』、先日の日曜日珍しく3姉妹とそのムコがGHにそろった時、GHのオーナーにその話をしたら本のことを知っていて読みたそうにしていたので差し上げた。

実はこの本、別の友人に貸す約束をしていた。どうしよう(涙)

2017年09月17日

敬老の日

 
明日は敬老の日。敬老ですよ!敬老!
最近の世間の空気をよむと、とても敬老の心があるとは思えない。
我が家でも子供や孫たちが祝ってくれる雰囲気はない。

ヤフーのニュースでも、市が主催の敬老の日の催しの対象年齢を引き上げて、少しでも記念品や食事の数量を減らそうとしたり、そもそも敬老の祝賀会を中止したりと、なんだか長生きがし辛くなりそうな話ばかり。

さらに今日のヤフーのニュースで65歳以上の高齢者人口の総人口に占める割合が27.7%にのぼった。
だとか、90歳以上が初めて200万人を超えた、だとか、
我々と同年代の75歳以上が1747万人で総人口の13.8%になった。
こんな記事ばかり目にするとなんだかプレッシャーになるなあ。
 

2017年09月15日

「村上朝日堂」

 我が家の文庫本の本棚は1段の中に奥と手前の2列にしまってある。
従って当然手前の文庫本はいつも目に留まっているが、奥側の文庫本は何があるのか忘れている。
それで思いついたように手前の本をまとめて出して、奥側の本を覗くことになる。

今日ふと上から2段目の奥側の本を覗いたら村上春樹の文庫本が並んでいた。(春樹さん、奥にしまい込んでごめんなさい)
並んでいたと言っても何十冊もあるわけではない。
「海辺のカフカ」「ノルウェイの森」「アフターダーク」「ダンス・ダンス・ダンス」「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」「1973年のピンボール」程度。
book_0001b.jpg book_0002b.jpg



最初「海辺のカフカ」から入ったのだけれど、読むのに時々疲れた。
それぐらい僕には村上ワールドは何かちんぷんかんぷんなところがあった。
それでもむつかしいままに「ノルウェイの森」や「ダンス・ダンス・ダンス」を読んでいた。

ある時、ドライブで峰山高原ホテルリラクシアに行ったとき、『これは直子の療養所だ!』と何の予備知識もないままとっさにそのことが頭に浮かんだ。

村上春樹の作品は僕には昭和を連想させるものがある。
僕の学生時代や青春時代を思い起こさせる。その懐かしさを感じたくて村上作品を読んでいる。

「村上朝日堂」という「日刊アルバイトニュース」に連載されたコラムを集めた文庫本がある。
ここ2・3日これをポケットに入れて時間つぶしに読んでいる。
このコラムの出だしの記事がアルバイトという題の話で、村上さんが昭和45年頃にアルバイトをしていた話。
当時の平均的なアルバイトの時給は大体平均的な喫茶店のコーヒー代と同じで150円くらいだったそうだ。さらにタバコのハイライトが80円の時代だったらしい。
book_0003b.jpg

こんな話を読むとやはり我が学生の頃を思い出す。

彼女(Cちゃん)とのデートに使ったカトレヤと言う喫茶店のコーヒー代は一人が70円。
出たばかりのハイライトが70円の時代だった。
ヘビースモーカーだった僕には70円のハイライトに手が出なくって、40円のシンセイばかり吸っていた。
懐かしい昭和の話はまた・・・


2017年09月04日

喜界島

今日、鹿児島県の喜界島で1時間120mmの大雨が降ったとニュースが流れた。
50年に1度の大雨だと言っていた。道路が冠水して川になっている。
喜界島がニュースなることは本州に暮らしているとほとんどない。
懐かしい名前を聞いた。

喜界島へ行ったのは今から30年も前のこと。
海べりの道のどこを走ってもサトウキビ畑。
高い山もなく、島の中央部分に200m位の高台のある山が見える。

この島に滞在したのはわずか半日。
のどかな風景が広がっていた。
僕はこの島がいっぺんに気に入って、老後はここに住みたい!と痛烈に思った。

帰ってからも妻にそのことをよく言ったものだ。
そのたびの妻の返事は『一人で行きなさい!』
その時は、一人でも行って暮らしたいと思ったものだ。
何がいい?どこがいい?と訊かれても返事のしようがない。
何にもないのがいい。

後期高齢者となった今はもう無理だろう。
| 日記

2017年08月27日

何か変??

たまたまこの道を走っていて、あれっ?っと思って見たのが7,8年前。
先日通ってもそのままあった。

aizu.jpg

aizu2.jpg


車を停めて写すことができないのでドライブカメラから編集した。
写真の左側のガレージの壁に掲げたドライバーに向けての注意喚起の看板。
『ちゃんと合図だしてョツ!』(ョは半角の小文字) 
これってどう発音すればいいのかな?
それとも発音できないのはぼくだけなのか。多分そうなんだろう。

2017年08月14日

終戦記念日

明日は終戦記念日。いや敗戦記念日。
昭和20年8月15日・・あれから72年が過ぎた。
僕が3歳と6か月。当時のことはなんにも覚えていない。
その前に空襲で裏庭の防空壕に誰かに抱かれて入ったことは覚えている。
記憶があるのは小学校に入る前の頃から。マッカーサーとか進駐軍という言葉は知っていた。
我が田舎町の当時国鉄の駅を、進駐軍の専用列車が猛スピードで走り抜けるのを何度か見た。
ジープに乗って我が町にもやって来た。

主食は麦メシ、またサツマイモを蒸かして食べていた。
配給の切符を持って母と近所の肉屋さんに行った記憶がある。
でもどこの家でも似たような暮らし。
特別に我が家だけが貧しかったわけでもない。
おもちゃもなくて外で空き缶を蹴って逃げる遊びを同い年の連中としていた。
何にもないけど懐かしい。できればあの頃に戻りたいと思う。

2017年08月12日

落款

妻がかつて妻の父が使っていた落款を渡してくれた。
古い箱を整理していたら出て来たらしい。
義父は趣味で絵画をよく描いていた。主として油絵。
色紙などにも静物画を書いていた。
そんな色紙に描いた絵にこの落款が押されていたような記憶がある。

僕は絵も書もダメなのでこの義父の落款をもらっても使い道がない。
せめてブログにでも時々使ってみようかな。
そういえば義父は紅い実のついた南天の絵をよく描いていたなぁ・・

nanten5.jpg



| 日記

2017年08月10日

蚊帳

多くの企業が明日からお盆休みに入る。
今日から主要道路はラッシュになっている。
年中お休みの身にはこんな時はドライブもできない。
どこにも行けない。

我が家の庭では蝉たちがうるさいほどに鳴いている。
梅の木や、樫の木、花がピークのサルスベリ、椿の木にも止まっている。
蝉しぐれも少しピークは過ぎたかな?

とにかく暑い!
35℃前後の日が連日ともなれば冬が恋しい。
それにしても平成の暑さはどうだ。
夏にはこの暑さが常態化してしまった。

我々が子供のころは暑いと言っても30度くらい。
32度とかいう日は甲子園の高校野球のころくらいだった。
そしてお盆が過ぎると秋の空になって朝晩は涼しくなった。

もちろん当時はエアコンなどどこにもない。
暑さ対策は蚊帳を吊って外に面した窓を全開にして寝る。
弟と二人、蚊帳の中が珍しく、枕を投げ合ってふざけあっては親父に怒られたものだ。

そういえば、今蚊帳を吊って寝ている家庭があるのだろうか?
我が家にもどこを探してもない。
今の若者に蚊帳と言ったら分かるのだろうか?
ひょっとしたら”蚊帳”と言う言葉は死語になっているのかもわからない。

| 死語

2017年08月06日

マイセンの美

西洋の陶器はドイツのマイセンから始まった。
それまでの西洋では中国陶器がもてはやされ、その陶器を自国で創り出すことに色々と手を尽くしていた。
そして1700年代の初めにドイツ南東部のマイセンで良質な白磁を完成させた。
そしてマイセンで習得した技術がヨーロッパ各地へ広がった。

僕は西洋アンチックのカップ&ソーサーが好きで何点か持っている。
今回”マイセンの美”という展覧会が開催中なので観に行った。
立杭焼き2.jpg

会場は立杭焼きの郷にある「兵庫陶芸美術館」。
今回初めての訪問だったけど、丘の斜面を巧みに活かした設計の、大きな美術館だった。
tatikui.jpg

会場にはたくさんのマイセン白磁展示されていた。
食器の図柄やそれに付いている人形なども小さな部分まできちんと描かれている。
最後の展示会場に、それらの食器類を並べた実際の宴会のテーブルが再現してあったが、こういったテーブルを前にして当時の貴族は宴会を楽しんでいたのだろうとその華やかさを想像した。

今回は僕の好きなカップ&ソーサーを色々見たかったけど、それは僕の予想より少なかったように思った。
これは我が家の飾り棚に並べているマイセンのカップ&ソーサーの
一部。

どうも素人がバカチョンデジカメで撮った映像なので、マイセン釜のバックスタンプがわかりにくくてスミマセン。
マイセン1.jpg
マイセン2.jpg
マイセン7.jpgマイセン4.jpgマイセン5.jpgマイセン6.jpg

2017年08月03日

道の駅キップ

全国にある道の駅には”道の駅のキップ”があると知ったのは2007年ごろだった。
それなら趣味のドライブのついでに道の駅のキップ集めもしてみようと思って、軽い気持ちで始めた。
ところがこれがなかなか面白くなってけっこうハマっている。

このキップ、全部の駅にあるわけではなく駅によってバラバラ。
北海道の駅にはほとんどの駅にあるけれど、九州や四国の駅にはないところの方が多い。

目下の蒐集枚数は約180枚。そのうち北海道が50枚。

7月の月末、家にいても暑いばかりなのでキップの蒐集を兼ねて丹後方面を走った。
まず向かったのが久美浜の「くみはまSANKAIKAN」。
久美浜はキップ蒐集を始める以前に1泊したのだけれどどこで泊ったのか覚えていない。
久美浜湾は穏やかで美しい。

ここから「丹後王国食のみやこ」。次に「てんきてんき丹後」。「海の京都宮津」と買う。
ありがたいことに、立ち寄る駅の売店でも『キップは置いていません』という返事が返ってこなかった。

今回の蒐集ドライブは”宮津”までにしようかと思いながら、ついついハンドルは舞鶴方面へ。
舞鶴港の岸壁近くの道の駅「舞鶴港とれとれセンター」でキップを買った。
売店の女性から渡されたのがなんと道の駅のマークが赤色のキップ。
売店の人も滅多にないと言っていた。
これはラッキー。宮津でやめないでここまで来てよかった。

2017-7-31キップ.jpg


2017-7-31キップ3.jpg

2017年07月23日

平尾昌晃さん

 今朝のニュースで平尾昌明さんが亡くなったことが流れた。
79歳だったとか。
平尾さんは歌手活動以外にもたくさんの歌を提供して
五木ひろしさんら多くの歌手を育てた。

しかし僕には平尾さんと言えば昭和33年、日劇ウエスタンカーニバルのあの熱狂のステージと、
「星は何でも知っている」「ミヨチャン」がいつもオーバーラップする。
この歌、一番だけなら今でもスラスラ歌える。

僕が高校2年生のころ。青春時代の入り口付近。
日本の高度経済成長の始まりのころだった。

先日7月20日はアポロ11号の日、翌21日はアポロの日。
昭和44年の7月20日にアポロ11号が月面に着陸。
この年の3月に生まれた娘を横に寝かせながら妻とテレビを観た。

とうとう人類が地球以外の天体に行ったという感動があった。
まさにアームストロング船長が言った
『これは一人の人間にとっては小さな一歩だが人類にとっては偉大な飛躍である』
という言葉が実感された。

だけどこのテレビ放送を観たのは白黒テレビだったかカラーテレビだったか、記憶がない。